読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年の個人的ベストアルバム5選

f:id:takumi012882:20161222205046j:image

ども。

飽きもせず今回は2016年の音楽を振り返りたいと思います。(まだTVの方が終わってませんが)

 

アルバム編とトラック編の2回に分けて記事を書きますのでお付き合いください。

まず今回はこちら。

 

2016年の個人的ベストアルバム

 

よく今年の個人的ベストアルバムとかなんとかって企画、雑誌やweb記事で目にしますよね。毎回ああいうの楽しく拝見してます。

でもぶっちゃけアルバム単位で素晴らしい作品って新譜に限ればなかなか1年に何枚も出会えるもんじゃ無いでしょ。っていつも思います。1年に1枚でもあったら万々歳ぐらいかと。

 

で、僕も今年のベストアルバムを考えてみました。

5枚ありました。

さっきの話はなんだったんだ。

 

ということで今年のベストアルバム5選を発表します。特に順位などはないです。

 

・Pushin' / STUTS

f:id:takumi012882:20161222193934j:image

 

日本のトラックメーカー/MPC PlayerのSTUTSがリリースした初のオリジナルアルバム「Pushin'」。

このCDが出る少し前くらいにPUNPEEや5lackが所属していたPSGというグループの音源をよく聴いていました。そこからPUNPEEの他の音源も探していたところ客演でこのアルバムに参加するとの話を聞きリリース後アルバムをタワレコで試聴。二曲目のこの曲を聴いて即購入を決めました。

そしてPUNPEE参加の"夜を使い果たして"も抜群に良し。独特なフロウが毎度心地いい。

しかし最も素晴らしいのは先ほどのMVにもある通り彼のMPCを使った演奏。「カッケー!けど俺にもできそう!」と思ってサンプラーを購入したのはここだけの話。(実際出来なかったしもう使ってない)

 

・famfam / never young beach

 f:id:takumi012882:20161222192647p:image

今年大活躍したSuchmos、Yogeeと並んで新たなシティポップ界を牽引した通称:ネバヤンの2ndアルバム。去年リリースした「YASHINOKI HOUSE」を聴いてからというもの、彼らにはずっとゾッコンです。おそらく僕の人生で一番ライブを見ているアーティストだと思います。あ、違う。乃木坂だ。最高だよな乃木坂って。

ちなみにこれは今年卒業したまいまいこと深川麻衣ちゃんのサインボールです。あのどデカイ神宮球場のライブでGETしました。家宝です。(売るタイミングを逃したなんて口が裂けても言えない)

f:id:takumi012882:20161223005642j:image

 

話が逸れました。失敬失敬。

正直どの曲がどうこうとかいうレベルではないです。全部好き。その中でも最近話題なのは「お別れの歌」のMVですね。へんなタイミングで突如公開されたと思ったら小松菜奈が主演で、なおかつ内容は限りなく素に近そうな彼女が架空の彼氏と終始じゃれついているというもの。

ご覧の通り、独り身にはどんなラブストーリーよりも乱暴で、鋭利で、無責任な映像です。逃げ恥がかわいく思える。歌詞から読むにこのMVは別れる前の二人、ということなのでしょうが、最終的に別れてようと関係なし。ただただ残虐。非道。BPO案件です。これはMVじゃない。ドキュメンタリーAVだ。(褒めてます)

・VIBRATION / TOKYO HEALTH CLUB

f:id:takumi012882:20161222193629j:image

メンバー全員が多摩美術大学出身の1DJ+3MCのヒップホップクルー、TOKYOHEALTHCLUB。

たしかこのグループを知ったのもPSGとか5LACKの流れからだった気がします。彼らの音楽同様クールさとユルさが同居するトラックとフロウ、ポストスチャダラとも言われる遊び心満載のリリックが特徴です。

もともとメンバーは皆ヒップホップ畑の人間ではなく、邦楽ロックを聴いて育ったというのも納得。だってやっぱヒップホップ界隈の曲は聴いても基本ゴリついててあんまピンとこないもん。

てか、美大ってのがズルい。俺も有名美大出身の肩書きが欲しい。リリーフランキーとかみうらじゅんが下ネタ言ってたとしてもさ、美大出身の肩書きがそこらの酔っ払いオヤジとは違うそれにさせるじゃん。要はやることなすことに変な説得力が生じる。ズルい。クソ文系私大の私はただただハチクロを読んで山田のすべてに涙することしかできません。頑張れ山田!ずるいぞ真山! 

・woman's / My Hair is Bad

f:id:takumi012882:20161222195152j:image

昨年に「真赤」を発表以降、今年メジャーデビューも果たし飛ぶ鳥を落とす勢いのマイヘア。今年はWANIMAなどと並んでフェスに参加しまくっていた印象があります。

 

彼らの最たる特徴といえばGt/Voの椎木知仁。こいつがイケメンのくせに女々しい歌詞をそりゃあもうエモエモの汗ビショビショで歌う。そんな彼にみんなメロメロのグショグショ。正直一緒に頑張ってるドラムとベースが不憫である。バンプみたいにメンバー全員がそれぞれ人気であれよ。

性格を知ってる人からすれば意外や意外、僕もこのバンドがとても好きで椎木知仁メログショ隊の隊員である。(ピックもゲットしたことある)

といっても多くの隊員(ブス♀)のように歌詞に共感してライブで涙したりしてるわけじゃあない。だって基本同棲してた彼女に出て行かれるか同棲してる彼女の尻に敷かれてるかだもん。(当然他にもたくさんある)

けどこの人の歌詞はすごく聴き心地が良い。

流れるようにメロディを歌い、適宜韻を踏んで抑揚をつける。それでいてエモい。飽きない。カラオケで歌いたくなる。

ちなみに本人はTwitter

などとヒップホップかぶれを自称している。

Wikipediaを見たら

ORANGE RANGEがきっかけでギターを始めた。

ともあった。そういうことか。いわば上海ハニーのロコモーションをお願いセニョリータってわけだ。そうかそうか。え?どゆこと?マジキリキリマイ。

 

・LSC / ラブリーサマーちゃん

 f:id:takumi012882:20161222195159j:image

いよいよ最後の1枚。正直つかれたわ。可愛い女の子でも見て癒されようかしら。ポチっ。

あら、かわいい。ポップな曲に乗せてかわいい子が踊ってるわ。歌声もかわいいし癒されるわね。アーティストの名前も可愛いわ。ラブリーサマーちゃんですって。今度CD買ってみようかしら。

 

はい。先ほどの曲は僕にとってこのアルバムで唯一の捨て曲、「私の好きなもの」でした。

毛色が違いすぎて普通に邪魔です。かわいいけど。

 

気を取り直して最後の1枚、ラブリーサマーちゃん。

宅録音源がサウンドクラウドで徐々に広まりマルチネから楽曲をリリースしたり、tofubeatsの楽曲に参加したりなんかを経てなんやかんやで晴れて今年ビクターからメジャーデビュー。

てか調べたら同い年だった。ツラい。

やっぱり画面の向こうの人でも同い年とかだとなんか感じるものあるよね。だって最近人気の馬場ふみかなんてクソ興奮するもん。あのおっぱいで同い年だなんて信じらんない。同窓会にいたら酔わせて絶対パイ拓とってた。んでもって天木じゅんも同い年らしい。けどあいつは知らん。同窓会にいてもパイ拓はとらない。あの乳には品がない。

 

話を戻します。

この曲は「青い瞬きの途中で」という曲。程よいUK感とやくしまるえつこガーネットクロウみたいなボーカル(適当)が相まって非常に心地よい。また歌詞の世界観も同い年だからか共感できる部分が大いにあります。悲観的ながらも将来に希望を持っていたい、しがみつきたいという受け取り方をしました。歌詞を貼るのはなんか恥ずかしいのでやめます。

 

この曲以外も耳馴染みの良い曲が連なっており、このアルバムを聴いたベボベの小出さんはこんなツイートをしていました。

このツイートに続いて、

 へー、となんか納得しました。(馬鹿っぽいな)

曲によってあらゆるアプローチをしてるのですが良い意味での既聴感がそれぞれありとても良いアルバムだと思います。(オマージュとパクリすれすれの曲もあるけど)

 

なんか最後真面目になっちゃったな。まぁいいか。

f:id:takumi012882:20161223053413j:image

以上5つが僕の2016年ベストアルバムでした!

来年はどんなアルバムがベストアルバムになるのでしょう。自分でも楽しみです。

個人的にはサカナクションあたりがそろそろアルバムをリリースするんじゃないかと。

くるりもスパン的にリリースしてもおかしくはないし。

どっちも実現したらアツい。待ち遠しい。

 

さて今回はアルバムでのエントリーでしたが次回はトラック、いわば曲単位での2016年よく聴いたものを発表したいと思います。

 

それでは最後までお付き合いありがとうございました。