読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレンタインの概念を変えよう

f:id:takumi012882:20170215180551j:image

女の子の手作りチョコって美味しい。

けどそれってそもそも材料が既製品のチョコだったりするから当たり前の話よね。

なのに女の子たちったらそれを一から作ったかの様にしたり顔で振りかざしてきて「美味しい」の一言のみを求めてくるの。そりゃ美味しいよ。でもさ、なんだかなぁ。

そしてそれが渡す前にお菓子を作った達成感と満足感を存分に味わった上での行為っていうのがなんとも女の子。

強欲で傲慢で厚顔。おくゆかしくあれよ。

 

そもそも別に愛の告白の用途でバレンタインを消化してない女の子たちにとってはただのお菓子作りデーなわけだから、人に渡すのは作った"ついで"だと思う。てかそうでしょ。

なら女の子の間だけでやってほしい。

そう言うと「だったらお菓子なんてわざわざ作らないし」と返すだろう。そりゃそうだ。

じゃあどうすればいいの。

なんか女の子ばっかり楽しんでて俺たちつまんない。

せめて貰えるものにバラエティをくださいよ。

 

ここでひとつ提案。

いっそこの2月14日のバレンタインデーの概念を変えよう!

f:id:takumi012882:20170215182616j:image

 

素人が作れるお菓子の種類なんてたかが知れてるからみんな一辺倒。

そういった枠組みだからこそみんなで盛り上がれる、という側面があるのでしょうが、それは貰い手への配慮に欠けています。

貰い手も一辺倒な、しかもチョコという偏った集中攻撃には飽き飽きするのです。

なのでこのバレンタインデー=チョコという固定概念はぶち壊しましょう。

そしてバレンタインデー=料理という新たな概念、

グルメバレンタインデーとして生まれ変わらせるのです。

f:id:takumi012882:20170215194710j:image

グルメバレンタインデー。いい響き。トリコみたい。

しかし先程言ったように対象を料理全般としてしまうと今度は作り手側の女性への負担が大きくなってしまいます。

ということで、料理は料理でも、

バレンタインデー=おかずという概念へと昇華を行います。

名付けておかずバレンタインデー。

よくない響き。すみれセプテンバーラブ的な。まぁいいや。

話を戻して、おかずであればこれまでの手作りチョコ同様、頑張る人は頑張る、手を抜く人は手を抜くという図式も再現できると考えました。

そしておかずはありものを百貨店やスーパーで購入することもできます。これも本家と同じ図式。価格帯もほぼ同じだし。

またおかずバレンタインデーはビジネス的に過去以上の経済効果が見込まれるでしょう。チョコ作りでは偏っていた材料が、おかず作りではあらゆる種類の材料へと変わり、それらがバレンタインデー需要として消費されます。第一次産業大喜び。 

我ながら素晴らしい提案。

f:id:takumi012882:20170216000208j:image 

 

バレンタインデーに餃子とか小籠包つつんでくる女の子とかがいてもいいと前から思ってたんですよね。しかも丁寧に冷凍で。

そしてその"冷凍で"という思いやりの気持ちは紛れもなくバレンタイン本来の趣旨に則っていると思うんです。

プレゼントする相手のことを思って、"冷凍"をしてあげる。そこには思いやりの愛しかありません。国生さゆりも手放しで称賛するでしょう。

 

もらう側がごちゃごちゃ言うな、と思うかもしれませんが、それは間違っています。
なぜなら男にもホワイトデーというものがあるからです。貰い手は貰い手のままではなくホワイトデーであげる側に転じるのです。だから言う権利がある。

言う権利がある!

 

けれどホワイトデーは適当にお返ししても大丈夫なのが世の常。それよりちゃんと返すことに意義がある。

だからそこはこれまで通りブレずに適当にお返ししてあげるのがいいと思います。きゅうりのQちゃんとか。

面倒なのは嫌ですもんね。

あーあ、今年は何をお返ししよう。全く困っちまうZE。モテる男はつれぇYA。

 (おしまい)

 

盛ってんじゃねぇぞ糞ネコぶち殺すぞ

 

夜中にニャーニャーうるせぇぞ。

ここはお前らが自由に盛っていい場所じゃねぇ。

しっかりとお金を払ってしっかりとした場所で盛れ。

お金を払えないのなら働いてお金を稼げ。

それが無理ならここで盛るな。

いっそ自らその性器を噛みちぎってしまえ。

それが嫌なら働いてお金を稼げ。そしてその金でしかるべき場所に行け。

猫だからってタダで盛れると思うな。

お前らはこの世界にいる以上人間様のルールに従わなければならない。

お金を生み出さず人に飼われる価値すらないお前らはゴミ以下だ。

悔しかったらうんと働いてお金を稼げ。そして人間様と肩を並べろ。

お金は裏切らない。それはたとえお前が猫であったとしてもだ。

話はそれから。

だからこれ以上勝手にそこらで盛るんじゃない。

次はないぞ。ぶち殺すからな。

世界には愛しかない

 

日本の総理とアメリカの大統領が会談をして、人気アイドルが急死したと思えば過去の人気アイドルおばさんはしょうもないことで書類送検されている。セックスレス夫婦の割合が過去最高なんてのもあった。

ツイッターのトレンド欄はいつだってカオス。

喜怒哀楽が入り混じりまくっている。

 

けれど冷静に考えたら朝のニュース番組というのもよっぽどカオスだ。

なんならツイッター以上に。

f:id:takumi012882:20170211165207j:image

深刻な顔で事件や政治を語ったと思えばすぐその後笑顔でスポーツ・エンタメを語る。なんならそっちに比重を置いて。

番組の構成上それは当たり前なのだが、気持ち悪さを覚えるのも自然。俺は悪くない。

 

別にワイドショーや夕方のニュースにはさして嫌悪感を感じることはないのだけれど、朝のニュース、というかZIP!めざましテレビに対しては強い嫌悪感を感じる。

あいつら朝から揃いも揃ってアホ面で馬鹿っぽいしわちゃわちゃ小うるさい。

そんな雰囲気なら黙ってスポーツ・エンタメだけやっときゃいいのに、背伸びして真剣な顔で報道なんかしやがる。おいおい。

 f:id:takumi012882:20170212052022j:image

お前どうせニュースなんか読みたくないんだろ?承認欲求のためだけにやってんだろ?早くバラエティの進行やりたいんだろ?スポーツ選手と寝たいんだろ?

女子アナにはそう言ってやりたい。

そして「そうです」と正直な子にはそのまま「頑張れ」と心からの応援の言葉を返してあげたい。

 世界には愛しかない。

 

と、なんで俺はこんなことに怒っているんだろう。

いや怒ってないよ。ただツイッターのトレンド欄をみて日本はおかしな国だと思っただけ。で筆を進めてみたらこの結果になったの。 

世界には愛しかないの。

世界には愛しかないんだってば。(なんだこのブログ)

 

バイト帰りはフィッシュマンズでキマる

夜中とも早朝とも言えない午前4時過ぎ。

バイト帰りのBGM選びに迷う。

 

イライラを発散したいのか、はたまたモヤモヤを晴らしたいのか。その日の気分によって選曲は大きく変わる。

テンポが速い曲ゆっくりな曲。思想が強い曲弱い曲。バイト終わりで疲れているのでとても気を使う。

 

そしてBGMは音楽に限った話ではなく、ラジオという選択肢もある。

お笑いラジオなのかアイドルのラジオなのか。

笑うのか和むのか。これまた悩む。

 

いわばこれはセルフカウンセリング。

その時の自分に合った最良のセラピーを。(誰だよ)

 

今日のBGMはフィッシュマンズで決まり。

雪と始発と月明かり、ロケーション百点満点。

キマらないわけがない。

皆さんも是非。

 

 

野菜、甘けりゃいいのか

タイトルの通り。

「野菜、甘けりゃいいのか」

これはもう前からずっと思ってた。

本能寺でずっとずっとずっとずっと思ってた。

 

 (以降、大したことないことを大袈裟に言います)

 f:id:takumi012882:20170207045156j:image

 

野菜を収穫した農家が、

「これ甘いから生でも食べられるよ(超ドヤ顔)」

言われるがままタレントがそれを食べて一言。

「とっても甘い!フルーツみたい!(超アホ面)」

 

馬鹿が。舐めんな。

 

このテレビの文脈に則った両者のやりとりは、
なんの疑いもなく視聴者に受け入れられる。

これって実は恐ろしいこと。

農家は野菜の"わかりやすい"アピールポイントとして甘さをチョイスする。

そしてコメントする側は甘さの"わかりやすい"比喩としてフルーツを使う。

このやり取りには、テレビに則っているが故当然言わずもがなのリテラシーが含まれていて、農家は野菜がただ甘ければ良いもんではないということ、そしてタレントはあくまで野菜としての甘さであるということを踏まえた上での発言をしている。

それがとても危ないのだ。

この定番のやり取りはお茶の間に表面的にだけ受け取られ、浸透し、人々の価値基準をジワジワと変えるだろう。

もちろんそれを後ろ盾するだけの現代の農業技術の進歩もめざましい。本当に甘いやつもあるし。

けれどこのままいくと野菜はどんどん甘いものが求められ、子供は本来の野菜の味を敬遠するようになる。そして農家はそれでは売れないので甘い野菜を作ろうとする。

デスベジタブルサイクルの爆誕である。

(画像はイメージ)

f:id:takumi012882:20170207045230j:image

デスベジタブルサイクルが始まってしまえば最後、甘い野菜ばかりがスーパーに溢れるようになり気づいた時にはもうあの頃の野菜の姿はない。 

デスベジタブルサイクルが野菜の概念を変えるのだ。社会への影響も計り知れない。

では我々は、デスベジタブルサイクルを引き起こさない為に何が出来るだろうか?

 

 

…知らん。

そもそもデスベジタブルサイクルって何だ。

カッケェよ。言っててめっちゃ気持ち良いよ。

バンド組むならこれ名前にしたいぐらい。

愛犬に名付けるのも良いかも。

 ってそんな問題じゃない。

 f:id:takumi012882:20170207045402j:image

はい。

ここまで雑魚の5流社会学者みたいな事を抜かしましたが私は本当にこの状況を危惧しています。

農家の皆さん、タレントの皆さん、スタッフの皆さん、今の時代は馬鹿ばっかりなので言わずもがなはやめましょう。

しっかりと、

農家「この野菜、近所の農家よりは少し甘いよ」

タレント「わぁ、確かに少し甘いかも!」

テロップ「注:甘いと言ってもフルーツほどではありません」

ぐらいのやり取りをしなきゃ。

でないとデスベジタブルサイクルに飲み込まれてまう。

デスベジタブルサイクルに飲み込まれてまうぞ!!!

東京タラレバ娘、ブスしか見てない説

1月期よりスタートしたドラマ、"東京タラレバ娘"。

f:id:takumi012882:20170128230402j:image

東村アキコの人気マンガを実写化したこの作品は、いわば独身アラサー女のラブコメディ。

キャスティングは吉高由里子榮倉奈々大島優子がメインを務め、こいつらが主に独身アラサー特有のタラレバをうんたらかんたらぬかす。

単刀直入に言う。

このドラマはブスしか見てない。

こうも言える。

このドラマを見てるやつはブス。

そしてここで言うブスというのはバカでアホってことでもある。

 

つまりはカブスアホドラマ

 

別に女性でも独身アラサーでもない俺が言うのも何だが、このドラマは演出があまりに浅はかで稚拙。

そんなものをありがたがって見てるやつはバカだしアホだしブスってこと。内面的な話。

 

原作ではコメディとして語られている独身アラサー女性のあるある感情は、このドラマの手によると見事にただの陰湿な皮肉に。

何を迷ったかコメディ路線で突っ走らず中途半端にシリアスな雰囲気を取り入れる、という原作の一番削いではいけないところを削いだのだから仕方がない。そうなる。

このドラマを見ていて、皮肉を扱うセンスとユーモアが全くないなと強く思う。

綾小路きみまろの漫談カセット1000回聴いて出直した方がいい。ホントに。コイツらがやってんのはただの悪口。一つも笑えない。アラサー女子舐めんな。(お前誰だよ)

だからそんなものをありがたがって見てるやつはバカだしアホだしブス。(2回目)

 

そして演出が拙く見えてしまうのは女優陣の演技力にも問題があると思う。

吉高由里子榮倉奈々大島優子

別に彼女らに演技が下手なイメージはないが、この作品においては終始なんか違う。コントの域を出ないというか。あと圧倒的アラサー感不足。

そんなものをありがたがって見てるやつはバカだしアホだしブス。(3回目)

そもそも独身アラサー女子を演じるというのが少し難しいのかも。

安藤サクラ満島ひかり尾野真千子あたりの3人がやってたら漫画とは違った化け方してたかも。視聴率取れないだろうけど。

まぁどのみちそれをありがたがって見るようなやつもバカだしアホだしブスだと思うんだけどね。(n回目)

 

ここまで結局何が言いたいかというと、俺もよくわかんない。けどすごく見てて腹が立つドラマだったからこうやって発散の形をとりました。3話まではちゃんと見た上でのコレなのでそこは許してください。

今期は素晴らしいドラマももちろんあります。

TBSの「カルテット」なんかバチクソいいドラマなので是非チェックしてみてください。

バカリズムの「住住」も超良い。

今度はそっちの記事とかも書けたらなと思います。

では今回はここらへんで。

「夫のちんぽが入らない」書評

ごきげんよう。

もう春ですね。いやまだ秋かな?もしかすると夏?それともまさかの冬ってカンジ?

 

ところでみなさん、最近話題のこれご存じ?

 

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

 

そう、"夫のちんぽが入らない"という小説。

 

内容はとりあえず置いといて、タイトルのインパクトすごいよね。

AVのタイトル推敲したらこうなったのかな?

いやでもちんぽ入んないなんてそんなAVありえないよな…(設定で貞操帯を付けてたりしてても結果ちんぽは入りがち)

もしかしてジョジョのサブタイトルだったり?

ジョジョに奇妙な冒険~夫のちんぽが入らない~

ほら。ダイヤモンドがなんやらや、に似てるじゃん。

ってね。冗談冗談。

  

お気付きの通り、今回はじめに書評と銘打ったものの当方この作品を一読もしていません。

ということで突然ですが、私なりにこのタイトルから考えられる作品のあらすじをいくつか推測していきたいと思います。お付き合いください。

 

夫のちんぽが入らない(あらすじ)

 f:id:takumi012882:20170131170055j:image

case.1 夫のだけ入らない(ミステリー編)

〜他の男ならずっぷし入る。しかし夫のだけは入らない。なぜ?そのイビツなちんぽを紐解いていくと次第に明らかになる謎、ちんぽに隠された暗号、大統領の不可解な死、そして最後は妻のまんこに秘密が…?!〜

ジョージルーカスも脱帽の現代版インディージョーンズ的超大作。

case.2 そもそも妻にまんこがない(竿あり玉なし編)

〜夫のちんぽが入らない。けどその理由は簡単だ。だって私にはまんこがない〜

貧乏暮らしの竿あり玉なし男が、愛する人のため性転換手術をすべく資金集めに東奔西走。

お金で買えるものと買えないもの。愛とは何か。性とは。現代の抱える問題を痛快にコメディタッチで描いた話題作。(監督:宮藤官九郎)

case.3 誘っても入ってくれない(訳あって部活をやめた夫のちんぽ君編)

「俺はもう野球やらねぇ」。そう言って"夫のちんぽ君"はチームを去っていった。そんな"夫のちんぽ君"を夏の大会までにチームに戻そうと仲間たちはあらゆる手を尽くす。

1年からエースで4番、甲子園も本気で狙っていた"夫のちんぽ君"が大好きだった野球をやめたワケとは?果たして"夫のちんぽ君"はチームに戻ってくるのか?

桐島、部活やめるってよ」に次ぐ本格派青春スポーツドラマ。主演:山崎賢人

 

ッッッハッ!

集中しすぎて息するの忘れてた。こういうの書き出すと止まらないんですよね私。

何なんでしょう、最後の"訳あって部活をやめた夫のちんぽ君"って。理解できない。主演山崎賢人だしコケるだろうな。

けど2個目のヤツは自分で考えておいて普通に見たい。クドカンだし絶対に面白い。いやクドカンだから面白いのか。なんだよ。

 

結構ふざけ倒しましたが実際の作品はどんな内容なんでしょうか。見る気はさらさらありませんが気になるところです。

映画化なんかしちゃったりするんでしょうか。

それでも見に行く気はないので詳細を知っている人は教えてもらえると助かります。答え合わせしたいです。

 

以上、私なりの書評をお送り致しました。

それではまた次回。